減量時に注意すべきことは体重はカロリーの収支で決まるということ

スポンサーリンク

体重を減らす唯一の方法は、カロリーの収支をマイナスにすることです。

最近は、マシンを利用するだけで減量ができる方法や、着るだけダイエット、飲むだけダイエットなど、お手軽な減量方法が注目されています。

ダイエットについてよく知らない人ほど、大げさな広告宣伝を真に受けて購入する傾向にあるようです。

しかし、それだけで減量できて、誰でも簡単に痩せるということはありえません。

体重を減らす唯一の方法はカロリーの収支をマイナスにすること、つまり消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくすることです。

消費するカロリーが多ければ体重を減少させることができます。1日に使うカロリーを知るには基礎代謝を把握することが大事です。

一般的に筋肉量が多くなると基礎代謝も増えて、カロリーを消費しやすい体になるので、運動を欠かさないようにしましょう

1日に使うカロリーより、供給されるカロリーのほうが少なければ体重は減少します。なぜ、この簡単な理屈が、行動に移しにくいものなのでしょう。

人によって体重が増える理由は異なりますが、大抵の人は、自分の摂取カロリーや、消費カロリーがどのくらいかわかっていないようです。

消費カロリーについては、確かに正確に算出するのは困難で、経験が必要になってきます。

しかし摂取カロリーについては、今日の食品はほぼすべて栄養素を簡単に調べることが可能なので、まずは自分がどれくらい摂取しているかを知ることが減量への第一歩です。

カロリーのバランスがわかったら、自分にちょうどいい摂取カロリー量の把握に努めましょう。